アクセスカウンタ

<<  2009年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


「NARUTO-ナルト-少年篇」…えっ?

2009/04/29 23:44
『NARUTO-ナルト-』1話から再び再放送だってばよ!

いつものように『NARUTO-ナルト-』再放送を見ようと
独りスタンバっていたら、懐かしの第1話が放送された。
えっ?
「何これ?」と思って調べてみたら、
また最初っから放送し直すらしい…
えーーーっ!?

まぁ、終末の谷の戦い後のアニメオリジナルストーリー
(原作迂回ルートw)
を、あのまま延々と流されるよりは
マシとも言えますが…。

新しい番組タイトルは『NARUTO-ナルト-少年篇』
(再放送なのに番組新タイトルって…(^^;))
『ドラゴンボール改』的な作り(放送形態)になるのでしょうか?
なお、新ED曲『道標』を歌うSUPER BEAVERは、
『NARUTO-ナルト-疾風伝』の新ED曲『深呼吸』も
同時に担当されています。
(初のWタイアップ!)

  TVアニメ『NARUTO-ナルト-少年篇』
  テレビ東京系 毎週水曜・木曜17:30〜放送中

あにてれ『NARUTO-ナルト-疾風伝』公式サイト
(http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/naruto/)


記事へトラックバック / コメント


TB【こもごも日和り。】フルメイクショー。

2009/04/29 20:18
神田朱未:こもごも日和り。
〜神田さん家で起こる、小さいできごと。〜-アニメイトTVブログ-
フルメイクショー。トラックバック

いやぁ、世の中にはスゴい人もいるもんですねぇ…
呆(あき)れるのを通り越して、感心してしまいました。
まさにSHOWですね。
降りる駅に着くタイミングと、
お化粧時間のをピッタリ合わせる技
は、
すでに職人芸と言っていいのではないでしょうか。

それにしても、付けまつげに着目するあたりが、
さすが女性ならではの視点といったところですね。
こういう小さいできごとを見つけては拾い集めてくる、
神田さんのセンスって好きですよ。(*^-')y

記事へトラックバック 1 / コメント 0


田中理恵1st写真集「彩リエ」

2009/04/29 14:52
田中理恵1st写真集『彩リエ』購入特典について
『機動戦士ガンダムSEED』シリーズのラクス・クライン役、
『ハヤテのごとく!』シリーズのマリア役などで知られる
人気声優田中理恵さんが1st写真集『彩リエ』を出されます。

『声優アニメディア』誌上で披露されたコスプレ写真に加え、
新たなセクシーショットが撮り下ろされた
かなり豪華()な内容になっている模様です。

  田中理恵写真集『彩リエ』
  発売日:2009年5月28日
  定 価:3,150円(税込)
  出版社:学習研究社(声優アニメディア編集部)


田中理恵オフィシャルブログ
(http://www.tanaka-rie.com)
田中理恵オフィシャルブログ当該記事ページ
(http://www.tanaka-rie.com/diary_7/?20090410)


…と、ここまでは『声優アニメディア』誌上や
ご本人のブログで紹介されていますので
ご存じの方も多いと思うのですが、
問題は特典生写真なのです!

各オンラインショップを巡回していて気付いたのですが、
購入特典として生写真が付くお店
付かないお店があるようなのです。
また、生写真の内容も各お店によって違う(?)みたいなので、
購入を考えている方は注意した方が良さそうです。

個人的好みでいえば、やはりゲーマーズさんの
バニーガール姿がイチオシでしょうか(笑)。
他はアニメイトさんの猫耳ガンナーメイド
JBOOKさんのチャイナドレスがお勧めかなぁ…。
amazon.co.jpではまだ取り扱っていないようなので、
そちらの方も気になるのですが…。

記事へトラックバック 1 / コメント 0


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST #4感想

2009/04/27 23:30
『鋼の錬金術師FA』#4 錬金術師の苦悩 感想
作品全体を見て感じる違和感を、
これまではキャスト変更の影響だと思うようにしてきた。
(無意識の内に…。)
しかし、その見方はやはり間違っていたように思う。

ファンの方が見ていたらごめんなさい。
今回は辛口です。


"綴命(ていめい)の錬金術師"ショウ・タッカーと娘のニーナ。
そして愛犬アレキサンダーを交えた残酷でおぞましい展開。
ダークな面が多い『鋼の錬金術師』の中でも、
最大級に憂鬱な物語だ。

実はある程度の覚悟をもって見ていたのだけれども、
正直なところ、あまり伝わってくるものがなかった。
描写が淡泊過ぎる気がしたのである。

いたいけな少女(と犬)だったモノ無惨な姿を見て、
エドが(タッカーに対して)怒り嫌悪の感情を抱くのはわかる。
しかし、もっと丁寧に時間をかけて描き込んでいかなくては、
慟哭の感情までは出てこないのではないか?
何と言っても急ぎ足過ぎる。
出会ったばかりですぐに結末…という印象を受けた。

漫画とアニメでは(作品内における)体感時間に大きな差がある。
原作を順に追っていっただけでは、作品に奥行きが出てこない。
原作準拠というのは、そういう事ではない筈だ。

同一エピソードを扱った前作「合成獣(キメラ)が哭く夜」と
今作「錬金術師の苦悩」。
たとえは悪いかもしれないが、
吉川英治「三国志」直訳の「三国演義」
それぐらいの違いを感じた。

記事へトラックバック / コメント


TB【こもごも日和り。】買ったぜ。

2009/04/26 06:42
神田朱未さん、コアリズムに挑戦す!
深夜の通販番組を見て興味を覚えられたようですが、
はてさて、どうなっていくのでしょうか?
今のままでも十分可愛らしいと思うのですが…。

ちなみに、声優界におけるコアリズム先駆者といえば、
『水樹奈々スマイル・ギャング』でお馴染み、
副ヘッドの福圓美里さんが有名ですね。
(ヘッド水樹奈々さんのお墨付きがあります!!)

福圓みーさんの場合は度々ダイエットに挑戦し、
その都度成功
しているらしいので、
確かに引き締め効果はあるようです。

こもごも日和り。
〜神田さん家で起こる、小さいできごと。〜-アニメイトTVブログ-
■「買ったぜ。」より
記事へトラックバック / コメント


川上とも子さん☆お誕生日

2009/04/25 19:53
ハピハピバースディとも蔵さん

本日(4月25日)は
声優・川上とも子(以下とも蔵)さんのお誕生日です。
こうして今日の日を迎えられた事を嬉しく思い、
心より祝福させていただきます。

昨年8月に緊急入院・手術をされて以来、
長期の療養生活を続けていらっしゃるとも蔵さん。
ファンはいつまでも待っていますよ。
以前とすっかり同じじゃなくてもいいのです。
とも蔵さんがとも蔵さんでいてくれれば、
それで十分なのです。

いつかまた、はじけるように明るい彼女の声
還ってくるその日を信じて…。


今月20日から始まった『ヒカルの碁セレクション』。
懐かしい想いで楽しんでいます。

記事へトラックバック 1 / コメント 0


涼宮ハルヒ関連作品更新!(4/24)

2009/04/24 23:26
涼宮ハルヒ関連動画作品更新

角川アニメチャンネルが更新され、
涼宮ハルヒ関連作品の新作動画が配信されています。

現在配信中の最新作品

「涼宮ハルヒの憂鬱」3話
「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第21話
「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第22話
「にょろーん☆ちゅるやさん」そのじゅういちっ

■角川アニメチャンネル
(http://www.youtube.com/user/KADOKAWAanime)

記事へトラックバック / コメント


目の前がもやもや〜っと。

2009/04/24 18:59
最近、急激に視力が落ちてきた
すぐ近くは見えるのだけれども、
ちょっとでも離れると視界がぼやける。
物が二重に見える。

また、乱視の影響か、「○」が「△」に見えたりする
1週間前に検査した時は0.15だと言われたけれども、
現在はもっと落ちているような気がする。
本当に急速に現在進行形で落ちている。
ついこの間まで0.6〜0.8はあったのに…。

一応、30日に眼鏡を作る予定なのだけれども、
それまでこの状態でいるのはかなりつらいかも…。

記事へトラックバック / コメント


さっきぃラジブロ企画!

2009/04/23 19:34
しゃきっと目覚める方法!!

初音ミクの声として知られる声優の藤田咲さんが、
自身のブログでラジブロ企画を展開中です!
ラジブロとは、ブログをラジオのように活用し、
広く投稿ネタを集めて発表する活動のこと。

現在の募集テーマは「しゃきっと目覚める方法!!」
(募集期間は4月26日まで)
(※その後締切が早まり、25日24時迄となりました。)
(募集終了)


投稿者氏名:S.N(さっきぃネーム=ハンドルネーム)
投稿本文(しゃきっと目覚める方法)
ブログ内公表の承諾有無

を明記の上、下記の宛先までメールでお送りください。
なお、これ以上の詳細は、直接
『藤田咲の電子庭園☆〜さっきぃのおはなばたけ〜』
をご覧ください。
既に中間発表が始まっています!

さっきぃ☆頑張っていますよ!

■藤田咲の電子庭園☆〜さっきぃのおはなばたけ〜
(http://yaplog.jp/saki-ohana/)
■ラジブロ告知記事
(http://yaplog.jp/saki-ohana/archive/3180)
■メールの宛先: (募集終了)

記事へトラックバック / コメント


草なぎ剛逮捕の余波

2009/04/23 17:00
SMAPの草なぎ剛、公然ワイセツで逮捕!

今朝方飛び込んできた突然の報せに耳を疑った。
本日未明赤坂の公園で、酒に酔って全裸で騒いでいたところ、
通報を受けた警察官によって現行犯逮捕されたという。
草なぎ君、つよし君から、草なぎ容疑者へ…。
速報が伝えられてから、彼に対するマスコミの呼び方が一変した。
同情的な意見も多いが、事件の影響は思いの外大きいだろう。
事は人気アイドルの単なる不始末だけに止まらない

まず、鳩山総務大臣の怒りは大きく、
地デジ大使としての活動は即刻中止、
降板させられる事は間違いない。
勿論、AC公共広告機構などのCMも一斉に自粛されるだろう。
チョナン・カンの名で活動している事もあり、
このニュースは韓国でも同時配信されたという。

刑事罰としてはたしかに小さいものに終わるかもしれないが、
社会的制裁の大きさは計り知れないだろう。
今後、ジャニーズ事務所として、
どういった裁定を下すのかにも注目が集まる。

先の国際会議で醜態を晒した某大臣の例もあるが、
やはりお酒は怖い
正確に言うなら、悪いのはお酒ではなく、
お酒に対する意識と飲み方、
日本人の文化的下地
が問題なのだと思う。

記事へトラックバック 4 / コメント 0


邂逅:神の一手

2009/04/20 19:27
『ヒカルの碁セレクション』もうすぐO,A,
(テレビ東京系4月20日 19:28〜)

主人公、進藤ヒカル役・とも蔵(川上とも子)さんの
近況は分かりませんが、
この放送が闘病の励みになってくれる事を祈っています。

■あにてれ:ヒカルの碁セレクション
(http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hikaru/)

記事へトラックバック 1 / コメント 0


まっくん降誕祭

2009/04/20 17:22
今日はうちの子まっくん(♂猫)の17回目のお誕生日
もちろん…(ぉぃぉぃ)」のつかない正真正銘の17歳ww
おめでとう!よく頑張ってくれたね。

実はバースデーケーキの代わりに
煮干しをプレゼント(←安っ!w)した
のだけれども、
だけきれいに残されてしまった(食べてくれなかった)
やっぱり、は嫌いなんだね。
最近、一緒に「鮭とば」を食べていたから、
舌が肥えちゃっていたのかも…(笑)。

これからもできるだけ永く一緒に生きていこうね。
※ちなみに、同じ母猫から産まれた妹「ポンポン」は8月で17歳。

記事へトラックバック / コメント


瓦解

2009/04/18 21:11

最近、声優さんの公式ブログに書いたコメント文が
削除(無反映)
される事態が続いている。
そんなに過激な表現を使った覚えはないし、
もちろん誹謗中傷などをしたわけでもない。
ただ、現実に拒否されているのだから、
やはり悪いのは自分なのだろう。
少なくとも、相手方に嫌われた事だけは間違いない。

ショック…。

一度でも拒絶されたブログに対しては、
お詫び文を書いた後、一切の関係を絶つようにしている。
下手に未練を残して、ストーカーと思われるのも嫌だから…。
考えれば、考えるほどに気が重くなる。

文章は怖い。

軽い気持ちで書いた、(本当に)何気ない一文で、
それまで築き上げてきたすべてを失ってしまう

記事へトラックバック 0 / コメント 6


涼宮ハルヒ関連動画作品更新(4/17)

2009/04/17 22:50
涼宮ハルヒ関連動画更新!(角川アニメチャンネル)

これまで配信されてきたハルヒちゃん&ちゅるやさんに加え、
「涼宮ハルヒの憂鬱」本編の配信も開始されました。
詳細は角川アニメチャンネルをご覧ください。

TOPページに改良が施され、
「涼宮ハルヒ」関連作品の再生が容易になっています。


■角川アニメチャンネル
(http://www.youtube.com/user/KADOKAWAanime

-YouTube-「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第19話
-YouTube-「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第20話
-YouTube-「にょろーん☆ちゅるやさん」そのじゅうっ
-YouTube-「涼宮ハルヒの憂鬱」1話
-YouTube-「涼宮ハルヒの憂鬱」2話

記事へトラックバック / コメント


エール(BlogPet)

2009/04/16 12:32
みるくがみくぽっぷは充原作を変更♪
それでみるくは結末が発売するはずだったの。
でも、みくぽっぷでエール死別したよ♪

*このエントリは、ブログペットの「みるく」が書きました。
記事へトラックバック 0 / コメント 1


2009春アニメ一言感想

2009/04/16 01:00
四月改編の新作アニメについて、一通りなぞってみよう。
但し、北海道ではキー局に比べて週遅れの放送が多いので、
最新話数に基づくものではない事を予めご了承願いたい。


毎日かあさん #1,2
これって、カテゴリー的には『あたしンち』だよね!?
真マジンガー衝撃!Z編 #1,2
思っていたほど濃ゆいキャラデザではなかったが、
思っていた以上にぶっ飛んだシナリオだった。(^^;)
戦国BASARA #1,2
おやかた様ぁ〜!奥州筆頭・伊達政宗の声が
土方トッシーにしか聞こえませぬ〜(笑)!
メタルファイトベイブレード #1,2
加藤えみりんの男の子ボイスが新鮮でいい感じ♪
ドラゴンボール改 #1,2
どうせやるのなら、最初っからやり直せばよかったのに…。
中途半端な所から始めたので、前後の流れがイマイチあやふや。
ジュエルペット #1,2
『マイメロ』の正統後継作品(ハロプロ枠?)。
キャラも声も可愛いので、人気は出るかも…。
クロスゲーム #1,2
往年の『タッチ』を彷彿とさせる あだち充原作作品。
鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST #1,2
やはりどうしても前作と対比して見てしまう…。
インパクト・ポイントをずらしているのは意図的演出か?
花咲ける青少年 #1,2
女性向けの(いい意味で)THE ラノベ的作品。
先の展開も、キャラクター心理も読めないおもしろさがある。
グイン・サーガ #1,2
作画はCGよりも手書き部分に凄みを感じた。
壮大で圧倒的なスケール感が心地良い。
アラド戦記〜スラップアップパーティー〜 #1,2
リュンメイの声に野川さくにゃんは可愛過ぎないか?
とりあえず、キャラもまだ出そろっていないので様子見中。
ハヤテのごとく!! #1
期待通りにオチてくれるお約束の安心感はさすがに二期!
みんなまとめて、おかえりなさい!!
バスカッシュ! #1
アイディア、アクション、エロい脚本w、
…どれをとっても一級品!(ぐっじょぶ)
シャングリ・ラ #1
そのままハリウッド映画にしても良さそうな作品。
並行世界の近未来を見ているような感覚を覚えた。
キャラクターも魅力的で、早く続きが見たいと思わせてくれる。
夏のあらし! #1
今後もドタバタチックでいくのかな?
三瓶ちゃんの男の子ボイスはキレがある。
うりょっちのハスキーボイスは、女の子役だと色っぽく感じる。
戦場のヴァルキュリア #1
リアルな戦争物として考えれば違和感は残るが、
設定の割り切りさえ出来れば、臨場感をもって楽しめる。
アリシア・フィギュアがいっぱい出そうな予感(笑)。
07-GHOST #1
ストーリー転換に唐突さを覚えた。先の展開はまだ読めない。
美形!美形!美形!
咲-Saki- #1
タコスだじぇ〜!くぎみーだじぇ〜!!ww
百合百合しい描写がミョ〜にハマっている…。
仮に麻雀を知らなくても、咲の凄さは十分伝わると思う。

北海道における『けいおん!』#1のO.A.は4/16深夜なので、
また見られていない (これも地域格差 ><。)。


記事へトラックバック / コメント


ナンバーワン・バトルブローラーズ

2009/04/15 18:08
爆丸カードゲームが全米人気調査で首位に!

かつて(2007.4〜2008.3)テレビ東京系列にて放送されていた
『爆丸バトルブローラーズ』(以下「爆丸」)。
その爆丸が海外で大人気を博している事をご存じだろうか?

北米では現在2期放送(日本未放映)が行われており、
更にこの秋からは3期放送まで予定されているという。
いわば海の向こうの大人気作品だ!

その人気を裏付けるように、
米国トイ・オブ・ザ・イヤーで3部門受賞
そして今回のトレーディングカードゲーム人気調査では
堂々第1位に輝いたというわけだ。
(2位『ポケットモンスター』3位『遊戯王』)
まさに「完璧ぃ〜!」な状態。
特にキッズ層からの指示が支持が高い点が嬉しい。

この海外人気の煽(あお)りを受けて、(逆輸入的な形で)
日本でも爆丸アニメが再開(2期以降の放送)されないかと、
密かに期待している自分…。

ダンとドラゴの熱い友情、ルノちゃんのツンデレ
プレデターさん達の掛け合い漫才等々、
1期ファンとして、新しい物語への夢は膨らむ…。

■アニメ!アニメ!:爆丸カードゲーム首位を伝える記事ページ
(http://animeanime.jp/biz/archives/2009/04/1_13.html)
■アニメ!アニメ!:爆丸3期予定情報を伝える記事ページ
(http://animeanime.jp/biz/archives/2009/04/3_21.html)
■爆丸 BAKUGAN セガトイズ公式サイト
(http://www.bakugan.jp/)



爆丸バトルブローラーズ!
コロムビアミュージックエンタテインメント
サイキックラバー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
記事へトラックバック / コメント


猫のシーズン

2009/04/15 18:04
春、暖かくなるとやって来るのが猫のシーズン
(いわゆる発情期だ。)

うちの子2匹(室内飼い)は不妊手術をしているので
問題ないのだけれども、周りの猫は違う。
臭いを嗅ぎつけてくるのか分からないが、
毎年この時期になると、近所の猫が集まり出し、
我が家の前で喧(かまびす)しい鳴き声をあげ始める。
「フミャ〜オ」「ニャ〜ゴ」とうるさくてかなわない。
おかげで、本来シーズンとは無縁のうち子達まで
「フーーーッ!」と(威嚇して)唸り出す始末…。
挙げ句の果てに、部屋中跳び回って大騒ぎだ。
自然の摂理とはいえ、早く過ぎ去って欲しいものだ…。

記事へトラックバック / コメント


螺旋の水底

2009/04/14 21:52
もはやこの時期、毎月恒例の感があるが、
ただ今ネガティヴ・スパイラルの中にある。
やる事なす事、悪い方へ悪い方へ…。
頭では分かっていても、心がついていかない状態。
ああ、気力と希望と時間をぷりーず。

ところで、『クロスゲーム』の記事に一件、
トラックバックをしていただいたのだけれども、
(ありがたい事です m(_ _)m)
実は未だにトラックバックの仕組みや、
流れがよくわかっていなくって…。
ちゃんと勉強して、ちゃんと理解して、
ちゃんと使いこなしていかなくては…。

※Wiiのインターネットチャンネルはコピペ不可の為、
トラックバックURLも全て手写しする必要があり、
それが面倒で、これまで何となく避けていたのだった。


記事へトラックバック / コメント


声優・江里夏の再出発

2009/04/11 15:53
江里夏さんのこれからにエールを!

声優の江里夏さんが、去る4月10日付をもって
ケンユウオフィス所属となりました。


前の事務所を辞めた後、約1年間のフリー活動を経て、
心機一転の再出発です!

TVアニメ『アニマル横町』(2005.10〜2006.9)の
主人公・松崎亜美(あみちゃん)役でデビューした江里夏さん。
デビュー自体は早かったのですが、
まだ19歳のティーンエイジャーです。
ケンユウオフィス代表取締役の堀内賢雄さんとは
過去に彼女のデビュー作『アニ横』で共演されており(*)
いわば懐かしい先輩に支えられての再チャレンジ!!

今後どこかで江里夏さんの声に出会った際には、
どうか温かい目(耳)で見守ってあげてください。

■公式ブログ:はっぴぃ☆えりか
(http://blog.goo.ne.jp/erika0621_1989)


*:堀内賢雄さんはヤマナミさん役などで出演されていました。

記事へトラックバック 1 / コメント 0


クロスゲーム(#1感想)

2009/04/11 14:10
『クロスゲーム』#1四つ葉のクローバー
あだち充原作の野球マンガだけれども、
第1話は幼い恋の終焉(死別)を描いたお話。
悲しい結末が訪れる事を知りながら見ていたので、
前半における、若葉(CV神田朱未)の愛らしい演技、
描写がせつなかった。

あっけない突然の"死"
理不尽な展開に、やり切れない思いが残る。
この手法は『タッチ』の時にも使われたけれども、
あまりに哀し過ぎるので、多用して欲しくはない。

ED曲『恋い焦がれて見た夢』(♪絢香)が胸に迫った。
事前に水嶋ヒロさんと絢香さんの(闘病告白を含めた)
結婚会見を見ていたので、余計こみ上げてくるものがあった。


ひとつ欠けてしまった四つ葉のクローバー。
叶えられなかった想いは、どこに向かっていくのだろう…。

■テレビ東京・あにてれ クロスゲーム
(http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/crossgame/)


番組内に挿入される「夢見る青葉!」のコーナーが、
往年の「南ちゃんを探せ!」のようで、懐かしく感じた。


記事へトラックバック 1 / コメント 0


ハルヒちゃん(17-18)ちゅるやさん(9)配信

2009/04/10 23:06
ハルヒちゃん&ちゅるやさん新作が公開されました!

詳細は角川アニメチャンネルをどうぞ。

-YouTube-「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第17話
-YouTube-「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第18話
-YouTube-「にょろーん☆ちゅるやさん」そのきゅうっ

■角川アニメチャンネル
(http://www.youtube.com/user/KADOKAWAanime)

記事へトラックバック / コメント


鋼の錬金術師FA(#1感想)

2009/04/10 19:08
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST #1を見て…

前の記事で本作を録画保存様子見とした理由について。
やはり、キャスト変更がかなり痛かったわけです。
なまじ前作に思い入れがあったが故に、
どうしても違和感を覚えてしまって…。

三木眞一郎さん折笠富美子さんは大好きな声優さんです。
だけど、やっぱり大佐(ロイ)の声は大川透さんで、
中尉(リザ)の声は根谷美智子さんで聞きたかったわけです。
次回からはウィンリィが登場するのですが、
彼女の声も豊口めぐみさんじゃないんだと思うと、
なんだかなぁ…という感じに。
グレイシアさんの声が三石琴乃さんじゃなかった事も、
個人的には地味に応(こた)えました。

この辺は慣れるしかないのでしょうが、
脳内声データの再インストールには、
今しばらく時間がかかりそうです。

作品内容(第1話全体の印象)について。
こちらも前作のインパクトと比べてしまい、
やはりどうしても物足りなく…。
ただ、これらは全て放送開始前から予想されていた事なので、
今後少なくとも1クールは様子を見ていくつもりです。
アニメオリジナルの第1話が終わり、
2話目からは原作準拠でいくのでしょうか?
入江監督の『ソウルイーター』で魅せた手腕に期待!

記事へトラックバック / コメント


アニメてんこ盛りの春 in 北海道

2009/04/10 19:06
2009年4月期は北海道でもアニメが大豊作!
新作だけでなんと20本以上
更に人気作品の再放送を加えたら、ものスゴい数に…。

今までは、新作が放送されると とりあえず全部録画して、
その後に保存版にするかどうかを決めていたのだけれども、
これだけ数が多くなると、それも無理になってくる。
東名阪地域の人たちは、いつもこんな感じなのだろうか?
アニヲタ的には、まさに嬉しい悲鳴の毎日。
願わくば、この幸せが今後もずっと続きますように…

現在までのところ、下記タイトルの録画保存を決めた。
(※他作品は検討中。)
・『グイン・サーガ』
・『バスカッシュ!』
・『シャングリ・ラ』
・『カードキャプターさくら』(再)
・『涼宮ハルヒの憂鬱』(再)
『鋼の錬金術師FA』はまだ様子見中だけど、たぶん保存。
『夏目友人帳』(再)は本放送を録画済み。
『電脳コイル』(再)はDVD購入済み。
北海道における『東のエデン』の放送は、1クール以上遅れるので選外。

4/10現在『夏のあらし!』『咲-Saki-』『けいおん!』『07-GHOST』は未放映。


記事へトラックバック / コメント


アニメ最終回感想いろいろ2

2009/04/10 01:16
アニメ最終回感想の残り。
正直、今更な気はしますが(^^;)、
北海道では週遅れ放送だったりしたのでこんな時期に…。
キー局での本放送終了から、
既にだいぶ経過しているのでサラッと流します。

スキップ・ビート!
一言でいって、日本一かみ合わないラブコメ(笑)。
ただ、そのちぐはぐさが最大の魅力だった。
『ガ○スの仮面』っぽい作りのシリアスパートと、
思い込みが激しい妄想パートのギャップに萌えた。

みなみけ おかえり
めずらしく夏奈にひっつく千秋の姿が可愛かった。
変わらない口の悪さは照れ隠しか?本心か?
春香ねーさまの胸に顔を埋(うず)めた夏奈の姿が、
とっても羨(うらや)ましかった事は内緒(笑)。

ゆるゆると始まり、最後は3姉妹中心のエピソードで
ほのぼの(こじんまり)と終われたのは良かったと思う。
明るく軽快な主題歌2曲も好印象の作品だった。
(※個人的には『絶対カラフル宣言』が好き♪)

BLUE DRAGON 天界の七竜
みんなの力をひとつに集め、
主人公が放つ渾身の一撃で強大な敵に打ち勝つ!
まさに少年マンガの王道的ラスト。
期待通りの予定調和が心地よい。
(やっぱり、最後はこうじゃなくちゃ!)
死んだと思われたキャラ達が、次々と復活するのは、ある種お約束か(笑)?

記事へトラックバック / コメント


変更(BlogPet)

2009/04/09 13:03
みるくは機動戦士ガンダムOOセカンドシーズンは変更するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「みるく」が書きました。
記事へトラックバック 0 / コメント 1


ぐっじょぶ!衛星アニメ劇場

2009/04/07 06:20
花咲ける青少年&グイン・サーガ第1話再放送

4月5日(日)に衛星アニメ劇場内で放送されたばかりの第1話が、
本日4月7日(火)22時に再放送されます。(放送終了)
どちらも大変オススメですので、
BS2が視聴可能な環境にある方は、ぜひご覧ください。

4月7日(火)22:00〜22:25 [NHK BS2]
『花咲ける青少年』第1話 イノセントガール
4月7日(火)22:25〜22:50 [NHK BS2]
『グイン・サーガ』第1話 豹頭の仮面

※録画する際は、表示時間より1分長めに設定して置くと、
番組の最後が切れる失敗がなくなります。


『花咲ける青少年』
『花咲ける青少年』は勢いで魅せてくれる。
現実離れした設定が先の読めない面白さを引き出している。
また、CV遠藤綾さんが演じる主人公・花鹿(かじか)がいい!
『マクロスF』のシェリルを不思議ちゃんにした感じと言えば
分かってもらえるだろうか!?
計算されたうまさを感じるが、それが全く嫌みに聞こえない。
とても魅力的なキャラクターに仕上がっている。

『グイン・サーガ』
『グイン・サーガ』は壮大なスケールと
美麗なグラフィックに圧倒される。
作画表現に一部堅い箇所が見られたが、
全体として非常に高いレベルでまとめられた作品である。
ヒロイックファンタジーアニメの最高峰になるかもしれない。
そんな予感を感じさせてくれた第1話だった。

■NHKオンライン
(http://www.nhk.or.jp/)
■NHKアニメワールド
(http://www3.nhk.or.jp/anime/)

記事へトラックバック / コメント


ガンダムOO -2nd-(蛇足)

2009/04/06 21:38
超個人的願望とツッコミのあれこれ。

刹那とマリナ(+フェルト?)の関係が、
最後までハッキリしなかった。
結果的にモヤモヤした印象だけが残った。
登場人物が多過ぎて描き切れなかったのか、
それとも意図的に未消化のまま残したのか?
何にせよ、立てたフラグの責任はとらないと…。

沙慈は戦闘に参加すべきではなかったと思う。
彼には姉の遺志を継ぐ形で、
ジャーナリストとして闘って欲しかった。
そうじゃなければ、絹江の死に意味がなくなる。
また、自らの(軽率な)行動で
大量虐殺の憂き目にあわせたカタロン構成員への償いは、
あんな形の戦闘参加では終わらないと思う。

なお、オーライザーのプラモを売る為なのかもしれないが、
いちいち船外でドッキングするシーンには辟易(へきえき)した。
リアリティーのかけらも感じない。
(トレミー内部で装着して置けば、それで済む話だろう。)

コーラサワーの生存は予想通りだったので
「やっぱりなぁ…」という感じ。
あのタイミング(話数)でわざわざ撃墜シーンを入れる理由は、
最終回のにぎやかし以外に考えられない。

逆に、同じように最終回で活躍すると踏んでいた
Mr.ブシドーが沈黙を守っていた事に不自然さを覚えた。
劇場版を見越しての事だとは思うが、
張った伏線の放置は好きになれない。

アザディスタン復興を高らかに宣言したマリナだが、
国内の保守派と改革派の争いが解決したとは思えないので、
いつ暗殺されてもおかしくない危険な状況は続いている筈。
悲劇の芽は消えてなくなったわけではない。

新しい連邦大統領就任演説の際、
イノベイター(イノベイド)らしき人物がいたけれども、
あの髪の毛の色は・・・。
ヴェーダ(のDNA&データバックアップ)さえあれば、
いくらでも再生が可能という事なのだろうか!?

まだまだ言い足りない事は山ほどあるが、
これらはすべて期待の裏返しでもあるわけで、
劇場版の完成をじっくりと待ちたいと思う。
やっぱり『ガンダム』は特別な作品なのだ…。

記事へトラックバック / コメント


ガンダムOO -2nd-(最終回感想)

2009/04/06 19:48
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズンを見終えて

2#25「再生」

刹那とリボンズの戦闘に重なるように挿入された
マリナ・イスマイールからの手紙は、
ファーストシーズン最終回における
刹那・F・セイエイからの手紙と対になる演出で、
非常に印象に残るものだった。

その後の展開は、
大戦後の世界復興を俯瞰(ふかん)する形で進められたが、
薄皮一枚を軽くなでた程度の表現でしかなく、不満は残った。
アロウズをスケープゴートにする事が、
はたして正しい選択なのだろうか。
本来この作品は勧善懲悪の物語ではなかった筈である。

  「武力介入による戦争根絶」

ソレスタルビーイングが掲げた錦の御旗
しかし彼らが無理矢理こじ開けたパンドラの箱は、
あらゆる矛盾と、それぞれの正義が交錯する
混沌の世界を生み出してしまった。
それが…

  「イノベイター(変革者)という名の
   人類の希望を生む」

…こんな大義名分だけで許されていいものだろうか。
イオリア・シュヘンベルグが想定した来たるべき対話とは
いったい何を意味するものなのか、
具体的言及は未だ何ひとつされていない。

また、最後に示された木星と、
その周囲に輝く4つの点(おそらくGN粒子の光)は
いったい何を表しているのだろう…。
ガンダムと木星、いささか暗示的な組み合わせである。
すべては2010年公開の劇場版で明らかにされるのだろうか。
TVシリーズ作品なのだから、
TVシリーズの中で決着をつけて欲しかったように思う。

記事へトラックバック / コメント


ハルヒちゃん(15-16)ちゅるやさん(8)配信

2009/04/04 01:11
ハルヒちゃん&ちゅるやさんDVD発売決定!

ハルヒちゃん&ちゅるやさんのDVD発売が発表されました。
タイトルは『DVD最初』(5月29日(金)発売)
詳細は角川アニメチャンネルのページをご覧ください。

なお、週に一度の新作動画も公開されています。

-YouTube-「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第15話
-YouTube-「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第16話
-YouTube-「にょろーん☆ちゅるやさん」そのはちっ


記事へトラックバック / コメント


続 夏目友人帳(最終回感想)

2009/04/03 21:02
『続 夏目友人帳』最終回を見終えて

1期では人と妖(あやかし)の心温まる交流が描かれ、
毎回ホロリとさせられたが、
今作では妖が持つ理不尽で忌(い)むべき一面と、
人が持つ傲慢(ごうまん)で邪(よこしま)な一面
併(あわ)せて描かれていた。
人の側に立つのか、妖の側に立つのか、
妖祓(はら)いの名取から繰り返し問われた夏目であったが、
その答は2期を終えた今もまだ出せていない。

#13最終回「人と妖」

純粋であるが故に危うい存在となる少年姿の妖・カイ。
人の裏切りに敏感なのは、信じたいと願う心の裏返しか。
すべてを拒絶し、凍り付いたカイの心を、
夏目の(身を挺した)不器用な行動が溶かしていく…。
きっと夏目には人と妖、どちらかを選ぶ事などできないだろう。
両者が完全に解り合う事はないと分かっていても、
それでも自分の心に嘘はつけないと思う。
たとえ、その身を危険に晒(さら)す事があったとしてもだ。
もしかしたら、その行いが祖母・レイコを真に理解する道に
繋がってゆくのかもしれない…。

最後に示されたまたいつかっ!の一文が
現実のものとなる事を祈っている。
1期の再放送はテレビ東京系で4月6日(月)17:30〜スタート!

余 談
カイ役を演じたCV竹内順子さんの声(演技)に、
彼女が過去に演じた『絶対少年』のわっくんを思い出した。
両者の存在はとてもよく似ていると思う。

記事へトラックバック / コメント


とらドラ!(最終回感想)

2009/04/02 21:38
 とらドラ!最終回を見終えて…。

原作小説は読んでいない。
だから一話で見た大河の第一印象は最悪だった。
他人を汚い言葉で罵(ののし)り、木刀を振り回すだけの暴力女。
当然、感情移入などできるわけがない。
それが文化祭、クリスマスと、時を追っていく中で、
ガラス細工のように脆(もろ)く、
せつないほどにやさしい彼女の本質を理解し、
次第に放っておけない存在へと変わっていった。

竜児、大河、みのりん、あーみん(ばかちー)、北村。
相手を思いやる心から生まれた微妙なバランスが、
やがて枷(かせ)となり、それぞれに役割を演じさせていく…。
そんなもどかしくて、甘酸っぱい物語だった。
ED曲『オレンジ』にも胸キュンキュンキュン

#25最終回 

 「ねぇ…寒いしもう一度。…もう一度。…もう一度。」

何度も竜児にキスをせがむ大河に赤面。ひゃ〜っ!
(CV釘宮理恵さん渾身のツンデレ!?)

現実と向き合う覚悟を決めた彼女の選択は、
一時的に二人離ればなれになるものだったけれども、
信じる心を強く持ち、
最後は、並び立つ存在として再会する
きれいなラストだったと思う。

竜児「この世界の誰一人、見た事がないものがある。」
大河「それはやさしくて、とても甘い。」
竜児「たぶん見る事ができたなら、
   誰もがそれを欲しがるはずだ。」
大河「だからこそ、誰もそれを見た事がない。」
竜児「そう簡単には手に入れられないように、
   世界はそれを隠したのだ。」
大河「だけど、いつかは誰かが見つける。」
竜児「手に入れるべきたった一人が、
   ちゃんとそれを見つけられる。」
「そういう風にできている。」

記事へトラックバック / コメント


それとも変更する(BlogPet)

2009/04/02 12:46
きょうはみるくと達成する?
それとも変更する?

*このエントリは、ブログペットの「みるく」が書きました。
記事へトラックバック 0 / コメント 1


(<●><●>)新年度メポ

2009/04/01 22:53
今日から四月!世の中一斉新年度。
なかなか厳しいご時世だけど、気分だけでも新調しよう!!

エイプリルフール、今年は何もなかったな。

記事へトラックバック / コメント


<<  2009年4月のブログ記事  >> 

トップへ

BGM:blog-tunes


自己紹介


関連リンク

おたねこ日記 2009年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる